コピー機とライフ TOPコピー機 >コピー機保守契約

コピー機保守契約

コピー機の導入をお考えの皆さん、"保守契約"をご存知ですか?こちらは、メンテナンス契約とも呼ばれていますが、保守契約とは、複合機の故障などの不具合に対し、修理担当者が修理を行ってくれる契約のことです。一口に"保守契約"と言っても種類がいくつかあるのでご紹介します。

保守契約には、以下のようなものがあります。
「カウンター方式」 ― 毎月の基本料金にプラスして、「プリントした枚数×契約単価」を保守契約料として支払います。メーカーによって違いはありますが、トナー代込の場合もあります。
「コピーキット方式」 ― トナー代にあらかじめ保守契約料金が含まれています。コピー機を購入の際に、キットも購入することで保守されるようになっており、トナーが切れた際には、キットを再度購入することで保守が自動的に継続されます。
「年間保守契約」 ― 修理担当者が、定期的にメンテナンスを行ったり、不具合を見つけると知らせてくれます。
「スポット契約」 ― 故障や不具合などが見つかった時に、修理を依頼できます。

このように、保守契約にはさまざまな種類があり、内容もそれぞれ違います。使い方に合わせた契約内容をきちんと把握し、業者の方ときちんと話し合い納得した上で契約をしましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) コピー機とライフ All Rights Reserved.