コピー機とライフ TOPコピー機 >コピー機のリース

コピー機のリース

コピー機の導入を考えていらっしゃる方へ。リース・レンタル・買取り、どちらの方法で導入をお考えですか?

買取りは、余分な利子を支払う必要がないのですが、 資産に計上して資産税の支払いを毎年行うなど、いろいろな作業があるので面倒です。
レンタルは、1か月から12カ月間の利用に適しています。1ヶ月当りの費用はリースの2倍の金額になったりするので、 短期のご利用の方にお勧めする導入法です。
リースは、導入にかかる費用を抑えることが可能なので、会社の資金を効率的に使うことができます。また、機器を所有する際に伴う"減価償却""固定資産税納付"などの面倒な事務処理をする必要がなくなります。

機械の寿命は短いですが、リース期間を設定することで、次のコピー機の導入を簡単にできるだけでなく、常に最新のコピー機を使用することが可能になります。
リースは、安価な値段で再度リースすることが可能であり、また、いっきに大金が出ることがなく、月々の支払いになります。これは、業績などの安定化にはとても適しているため、リースを利用されている企業はたくさんあります。
大切なことは、リースでもきちんとメンテナンス契約を結んでおくことが大切です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) コピー機とライフ All Rights Reserved.