コピー機とライフ TOPコピー機 >家電の耐用年数

家電の耐用年数

皆さんは家電製品の耐用年数がどれくらいかご存知ですか?

耐用年数は、エアコンが約9年・洗濯機が約6年・テレビは約8年となっています。
では、コピー機はいったいどれくらいなのでしょうか。コピー機の耐用年数は、平均で約5年程度となっています。
しかし、コピー機は、高いものでは100万円を超えてしまうほど高額のものもあり、平均してもコピー機の価格は高めに設定されているのが普通です。
ですから、5年ごとに100万円に近い出費をしていては大変です。そのため、企業の殆どが、コピー機をリースで導入しています。

コピー機をリースで導入するのはいいですが、コピー機の寿命を長くするよう大事に使用することも大切です。
ヒートローラーのクリーニングブレードの汚れ確認・給紙ローラーなどの定期交換・紙紛の除去やギア部分への注油・定期的に清掃するなどして、コピー機の寿命をできるだけ長くさせる心掛けも必要です。
最近では、コピー機をリースする際は、一緒に保守契約も付いてくるのでメンテナンスが楽にでき、万が一故障しても修理ができるので安心して導入することが可能です。
しかし、やはり機械は繊細なので大切に扱うようにし、少しでも長く使用できるようにしましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) コピー機とライフ All Rights Reserved.